忍者ブログ

切符、食、時々長旅。@忍者ブログ

切符レポや旅行記を中心とした、切符、食、時々長旅。(http://arthur8.yamagomori.com/)のサブページ的ブログ。週1回程度のペースで更新。

道南乗り鉄&ドライブ2016(その7:函館→道道970号→函館周辺の自動車専用道路)

[道南乗り鉄&ドライブ2016 記事一覧はこちら]

その6の続き
前日までに函館近郊の在来鉄道を乗りつぶした私。夜にレンタカーを借り、函館駅前の駐車場で車中泊。

そして翌日、8月5日(金)の朝。この日から翌日昼過ぎまではレンタカーの旅となる。
というわけで函館駅前の駐車場を出発し、国道278号を東へ。
戸井線の未成橋
未成線であった国鉄戸井線の橋梁を横目にひた走る。
なお、画像についてはPima氏から提供のものを含んでいるが、個別に特記はしない。

国道278号を旧・戸井町までやってきた。
国道278号・道道970号蛾眉野原木線交点

国道から曲がると山に穿たれたトンネル。
原木温泉トンネル


ふれあい湯遊館


道道970号蛾眉野原木線

擁壁の脇を行く。
道道970号蛾眉野原木線

ぽっかり開いた空。
道道970号蛾眉野原木線

道道はここで終点。
道道970号蛾眉野原木線

函館市内へ戻る。
道道41号函館恵山線

道道100号函館上磯線、通称産業道路の美原三丁目交差点へやってきた。
美原三丁目交差点
ここを右折。

[2]赤川IC
赤川IC入口付近

開通して1年半ほどの函館新外環状道路を走る。
赤川IC付近

[1]函館IC
函館新外環状道路函館IC
新幹線とフェリーの案内が賑やかな標識だ。
まずはここを直進、函館江差道へ。

函館ICのJCT部をくぐる。
函館IC

函館ICを過ぎると追い越し車線に事故車が。
事故現場@函館江差道
安全運転を心掛けたいものである。

[2]北斗追分 2km
[3]北斗中央 6km
江差 65km
函館江差道函館IC付近
菱形の角が取れた形の高速道路名標識つき。
ちなみにこの2つのインター名、元は「大野IC」「上磯IC」であった。これを旧・大野町と上磯町の合併により北斗市が誕生した後、現在の名称に変更したものである。
画像を拡大すると、うっすらとシール状のものでIC名が上書きされていることが分かる。

[2]北斗追分IC
北斗追分IC
津軽海峡フェリー・青函フェリー乗り場最寄りはこちら。
そして今走っている道路が「函館江差道」であるにもかかわらず、一般道の国道227号経由で江差へ向かうことが推奨されているかのような案内。実際、木古内~上ノ国間の道道はあまり線形が良いとはいえず、国道経由の方が便利なのだろう。

[3]北斗中央IC
北斗中央IC

前方に3%勾配。
太平洋セメントのコンベアを跨ぐ函館江差道
前日に道南いさりび鉄道の車内から見掛けたが、太平洋セメントのベルトコンベアがこの前方を通っている。それを跨ぐための勾配だ。

[4]北斗富川IC
北斗富川IC
当初は予定されていなかったハーフIC。
一般道への取付部において、道南いさりび鉄道の築堤をくぐるカルバートが追設された。

矢不来トンネルを抜ける。
矢不来トンネル

[5]北斗茂辺地IC
北斗茂辺地IC
函館江差道は2016年現在、ここで終点。

一旦インター線を走り、
道道1167号北斗茂辺地インター線

再び函館江差道へ。
北斗茂辺地IC分岐
函館方面へ折り返す。

進行方向左手に北海道新幹線の高架橋が。
函館江差道から北海道新幹線の高架を望む

[1]函館IC
函館江差道函館IC
ここから函館新道で大沼方面へ。

[2]七飯大川 2km
[3]七飯本町 3km
札幌 272km
函館新道@函館IC付近
札幌の文字が現れた。がしかし、あと15kmほどというところで、自動車専用道は札幌まで繋がっていない。

[2]七飯大川IC
七飯大川IC

[3]七飯本町IC
七飯本町IC
ここからは対面通行区間。

[4]七飯藤城IC
七飯藤城IC
ここで函館新道は終点。

前日バスを乗り換えた北海道昆布館付近。
案内標識@七飯町峠下
分岐する道道1176号は新函館北斗駅への停車場線。

峠を越えると、函館本線の複線と小沼の向こうに駒ケ岳。
小沼越しに見た駒ケ岳

その8に続く
[道南乗り鉄&ドライブ2016 記事一覧はこちら]

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
あーさー
性別:
非公開
自己紹介:
【更新休止中】ブログは週1回程度の更新。随時更新する場合もあり。

Twitter

更新情報

管理人Twitter

メールフォーム

ご連絡はこちらから。

忍者カウンター

広告