忍者ブログ

切符、食、時々長旅。@忍者ブログ

切符レポや旅行記を中心とした、切符、食、時々長旅。(http://arthur8.yamagomori.com/)のサブページ的ブログ。週1回程度のペースで更新。

春の九州鈍行旅2012(その13:高森トンネル公園→立野→熊本→熊本市電→熊本電気鉄道)

[春の九州鈍行旅2012 記事一覧はこちら]

その12の続き
南阿蘇鉄道で高森駅までやってきたところ。
高森湧水トンネル公園坑口
折り返し列車まで時間があるので、徒歩でやってきたのは高森湧水トンネル公園。南阿蘇鉄道高森線高森駅付近と、高千穂鉄道高千穂線(廃線)高千穂駅間を結ぶ未成線の高森トンネルの一部だ。

ここが公園になった経緯であるが、戦前より熊本と延岡を結ぶ九州横断鉄道の構想があった。
戦後の1962(昭和37)年になり、鉄道審議会が上記の区間を含む高森~日之影間の建設を決定し、1973(昭和48)年12月にこのトンネルも着工した。
しかし、1975(昭和50)年(注:Wikipediaは1977年となっているがソース不明)2月に予定延長6,500m)の入口から2,050m地点で突然の大量出水に見舞われ、その後も出水が頻発。これが主因となり工事が中断されたのち、国鉄清算事業団経由で高森町に無償譲渡され、掘削済み延長2,050mのうち550mをトンネル公園として開放している。(参照:高森湧水トンネル公園|観光スポット - 高森町公式サイト、高千穂鉄道高千穂線#未開業区間 - Wikipedia)。
高森湧水トンネル公園 トンネル坑口付近が広くなっているが、これはここに高森駅を移設予定であったためだそうだ。
ここから真っ直ぐ前方に進むと高森線の線路があるが、現在の高森駅はそこから北へカーブした先にある。前回記事で高森駅のホームが曲線上にあったのはそれだ。

高森湧水トンネル公園
入場料300円を払い、坑内へ。

高森湧水トンネル公園
中央が水路になっており、クリスマスツリーが吊るされている。

高森湧水トンネル公園
途中から中央部に板が渡されるように。

高森湧水トンネル公園ウォーターパール
最奥部の手前にあったウォーターパール。
まるで粒状に放水されているように見えるが、シャッタースピードを遅くすると……

高森湧水トンネル公園ウォーターパール
ただの水流であることが分かる。

高森湧水トンネル公園ウォーターパール説明文
ウォーターパールの仕組み。
ストロボライトの点滅数を変化させ、残像により水流を粒状に見せかけているのだそうだ。

高森湧水トンネル公園終端
そしてこれが550mの最奥部。
右半分からは掘削時に出水した水が今なお湧出している。

高森湧水トンネル公園終端
壁面にあった距離表示。立野からの距離だろうか?

高森湧水トンネル公園
トンネル入り口の壁面に記された数字。
あまり定かで無いのだが、コンクリートの巻立て厚さを表す数字であったかと記憶している。

高森湧水トンネル公園
1977-1の数字。以下の画像にあるしゅん功日だろう。

高森ずい道銘板
高森ずい道(高森トンネル)の銘板。
型式の特1号型は(ソース不明であるが)交流電化にも対応できる断面である。『着手:昭和48年12月5日』は先述の着工日、『しゅん功:昭和52年1月31日』は上の画像の日付がそれであろう。

阿蘇山@熊本県高森町
トンネル公園を出て階段を登ると、畑と住宅の向こうに阿蘇の山々。

高森駅前風景
高森駅前へ。

高森駅駅舎
高森駅へ戻ってきた。

南阿蘇鉄道MT-2001A号車
『阿蘇ゆるっと博』ラッピングの南阿蘇鉄道MT-2001号車。
16:16、普通 立野行 列車番号18 MT-2001号車(単行ワンマン)乗車。

立野駅駅名標
16:43、終点の立野駅到着。

キハ147 182@立野駅
16:49、普通 肥後大津行 440D キハ147 182(先頭車、2両ワンマン)乗車。
肥後大津で慌ただしく次の列車に乗り換え。
17:03、普通 熊本行 1472M クモハ815-10(先頭車、2両ワンマン)乗車。

熊本駅改札口
17:44、終点の熊本駅に到着。

熊本駅入場券(券売機券・小児券)
熊本駅入場券(券売機券・小児券)。

JR熊本駅舎
JR熊本駅。
新幹線開業1年後で、在来線部分の高架化工事中であった。

熊本市電熊本駅前電停
駅前の熊本駅前電停から、A系統 田崎橋行 1354号車に乗車。

熊本市電1354号車@田崎橋電停
折り返しとなる、A系統 健軍町行 熊本市電1354号車に乗車。
通町筋電停で下車し、徒歩で中心市街地を移動しつつ熊本電鉄藤崎宮前駅へ。

駅への入り口が分からず迷うも、無事到着。
熊本電鉄6228A号車@藤崎宮前駅
御代志行 熊本電鉄6228A号車(最後尾、2両ワンマン)乗車。
かつて都営地下鉄三田線で走っていた、東京都交通局6000形の譲渡車両。

熊本電鉄掲示路線図
路線図。
熊本電鉄の系統としては、中心市街地の外縁・藤崎宮前~御代志間のものと、上熊本~北熊本のシャトル運転系統の2本がある。

それにしても驚いたことが、夕方~夜という通勤・通学時間帯であるにもかかわらず、路線の半分ほどを過ぎたところで2両の電車に乗客が片手で数えるほどしか居なかったことである。
藤崎宮前駅が中心市街地からは少し外れており、ほぼ全線に渡り道路が並走、御代志から先はバス連絡になるということで、熊本市中心部~御代志(御代志以遠を含む?)間の需要は並走する自社バスで賄っているのかもしれない。

御代志駅駅名標
折り返し、藤崎宮前行 6228A号車(先頭車、2両ワンマン)に乗車。
北熊本駅で下車し、上熊本行に乗り換える。

熊本電鉄5102A車内
上熊本線 普通 上熊本行 5102A号車(単行ワンマン)乗車。
なんと昭和32年製造(東急車輌製)の東急5000系(初代)最後の営業運転車である。
先頭車の連結面側に運転台を増設改造して使用している。

吊革@熊本電鉄5102A車内
吊革に残る『東急百貨店』の文字。

熊本電鉄5102A車内
オリジナルの先頭部が残る運転台。

熊本電鉄5102A@上熊本駅
終点、上熊本駅に到着、熊本電鉄完乗。

熊本電鉄5102A@上熊本駅
暗闇の中の5000形。
2017年4月現在、この区間の運用には譲渡された東京メトロ01系が充てられている。

上熊本駅入場券(券売機券・小児券)
JR上熊本駅にて購入した入場料(券売機券・小児券)。

上熊本駅前電停
次はそばにあるこちらへ。

上熊本駅前電停駅名標
熊本市電上熊本駅前電停。

上熊本駅前電停
車庫が併設された終端駅で、2面3線となっている。

熊本市電8502号車車番
入線してきた熊本市電8502形。
車番と局章。

B系統サボ@熊本市電8502号車
B系統のサボ。

熊本市電8502車内
8502号車の車内。
転換クロスシートの路面電車というのは珍しいように思う。

運賃表示器@熊本市電8502
かつて変動運賃だった時代に使っていた運賃表示器を、停留所表示のみ使用しているように見えた。

B系統 健軍町行 熊本市電8502号車に乗車。
熊本市電を完乗して、折り返しのB系統 上熊本駅前行 熊本市電8502号車に乗車。

味噌天神前電停で下車し、この日はJR新水前寺駅付近のネットカフェにて仮眠。

その14に続く
[春の九州鈍行旅2012 記事一覧はこちら]

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
あーさー
性別:
非公開
自己紹介:
【更新休止中】ブログは週1回程度の更新。随時更新する場合もあり。

Twitter

更新情報

管理人Twitter

メールフォーム

ご連絡はこちらから。

忍者カウンター

広告